求人サイトの人気職種と難易度

求人サイトで企業研究する男性

転職サイトを見ると数多くの求人が掲載されており、一体どの求人へ応募しようか迷う事もあるでしょう。
そして近年はインターネットサイトが充実しており、パソコンやスマートフォンで簡単に求人を検索出来る様になりました。
そしてインターネットを通じて応募まで出来る時代となりましたので、企業への応募がより簡単になった言えるでしょう。
応募が簡単になったという事はより多くの求職者が応募をしている事を意味し、倍率が高くなる可能性も秘めています。
そんな求人サイトの中でどの様な職種が人気があるのでしょうか。
まずは技術職や専門職はあまり人気が高くない傾向になります。
なぜならばそもそも専門的なスキルや技術を持っている人が少なく、応募者が多くないためです。
しかしその分一般的な総合職は人気が高い傾向にあります。
例えば営業職やサービス業は特に高いスキルを求める事も少なく、未経験者でも歓迎という言葉が並ぶほどですので、多くの求職者にチャンスがあると言えるでしょう。
そんな総合的な職種の中でも特に給与が高い企業は非常に人気が高くなります。
やはり給与で比較すると、給与が高い方が魅力的に感じる事もあるでしょう。
その他には企業の福利厚生でも大きな違いが出てきますので、福利厚生が良い企業も人気の傾向にあります。
人気がある企業の求人は、難易度が高く倍率も高くなると認識しておきましょう。
しかしその分採用人数が多い可能性もありますので、企業の大小で判断しても良いでしょう。
この様に求人から様々な企業の特徴や、人気企業かどうかを判断する事が出来ます。
気に入った企業がある場合は、その他の企業とも比較をしてみて、人気の度合を自分なりに研究してみても良いでしょう。

優良企業の求人が多い求人サイトとは

優良求人が多いサイトを紹介する男女

求人サイトというと、リクナビ、マイナビ、DODA、@Typeなどが有名なところです。
今回はタイプ別に優良求人が多いサイトをご紹介しましょう。
まずは、営業職や事務職を探しているサラリーマンの方ならen転職がオススメです。
もともと中小企業をターゲットにしていたこともあり、中小やベンチャーが多く掲載されています。
そこまで有名な会社ではなくとも、事業はしっかりしていて伸びている掘り出し物の求人や責任者のポジションが狙える求人が多い印象です。
探しているサイトは大手ばかりが載っていて、明らかにハードルが高いとお悩みの方にはぜひ使っていただきたいサイトです。
続いて、女性におすすめなのが、@Typeの女の転職です。
事務系やアパレル系の仕事が多く掲載されています。
時短勤務や残業時間の程度、女性管理職の割合、育児と両立できるかなど職場環境を押した企業が多く掲載され、プライベートの時間を大事にしたい、子どもがいるため時短にしたい、ブランクがあるが復帰したいなど女性ならではの懸念点を考慮しながらもたくさんの仕事を見比べることができます。
また、女性の職業と言えば看護師や医療事務があります。
この職業を探している人はナースランクで転職するのがオススメです。
ナースランクは有名な求人サイトとは言えませんが、看護師や医療事務の求人ランキングサイトで、多くある看護師や医療事務の転職サイトを比較しています。
転職サイトを100点満点で採点して、利用者の体験談情報が記載しているので、これから転職で看護師や医療事務を探していて、どの求人サイトを利用すれば良いか悩んでいる人にぴったりです。
続いて、経験や実績をもとに、さらにキャリアアップを目指したい、給与を上げたいと思っているハイキャリア層にオススメなのが、ビズリーチです。
こちらは成功報酬型の求人サイトで会員登録しないと求人情報を見ることができません。
国内はもちろん、海外の大手企業が求人を出しており、コンサルタントやエグゼクティブディレクター、役員レベルの募集があります。
実績や経験をもとに大きな仕事がしたいと思っている方にはお勧めです。
最後に新卒サイトではマイナビ新卒がおすすめです。
求人数の多さや記載情報の多さが特徴なので、新卒特有の何をしたいか定まらないという場合も、いろいろ見比べられます。

求人情報の記載内容は全て本当?

求人情報の正しい見方

求人情報に記載のある文言を鵜呑みにして、実際に働いてみると全然話が違う。そのような経験をした人は少なくありません。
情報の正しい見方ができるようになることが大切です。
まず、求人情報の役目というのをしっかりと理解しておく必要があります。
会社がホームページで出しているようなものなのか、民間が発行している情報誌なのか、この違いも大きく影響してきます。
会社がホームページに打ち出しているものは、その情報に虚偽があった場合その責任をすべて会社が追うことになります。
当然、そのようなことがないように配慮されていますが、その分情報量が薄くなります。
一方民間が発行している情報誌に関しては、掲載を依頼した会社がその実績を挙げるためにできるだけ多くの求人を集められるような文言にしなければなりません。
当然完全な嘘を書くわけにはいきませんが、曖昧な点をもっともらしく記載してしまっているケースがあります。
たとえば、シフトの選択が自由というような書き方です。
シフトの選択が自由という言葉をそのまま理解するならば、いつでも働きたいだけ働けるというふうに受け取れてしまいます。
しかし、実際は会社の中で決められたシフトの組み合わせがあり、その中から自由に選んで良いという意味合いであったりもするのです。
このように読み手の受け取り方でいかようにも取れるような表現を、最大限求人募集につなげるような文言で表現している場合があります。
また、正社員登用制度有りなどという点も注意しなければなりません。
実際にそのような実績がなくても、そういう仕組を採用しているのであれば記載できるからです。
一人もいなくても正社員登用試験だけは行っているという、形式だけの会社もありますので、詳細はきちんと面接の際に質問をしておくことが重要です。

おすすめ記事はこちら